2017/06/19

同僚とカレーランチ

先月までうちの部署に出向していた社員の女の子。
元の部署に戻ったのだが、
わざわざ私のところに来て入籍の報告をしてくれたので
嬉しくなってランチに誘った。

以前、彼女におすすめのランチを聞いたら
「美味しいカレーのお店ありますよ!」と言ってくれて
(あら、私も美味しいカレーのお店に誘いたかったのに)
と思っていたら、連れられて行ったのが同じお店だったという
とてもワンダフルなミラクルが起きたのだけど
残念なことに満席で諦めた過去があったのだ。

今回はすんなり入れた、ネパールカレーのお店「マーダル」
カレー2種、パロタという軽いパン、インディカ米ごはん、
サラダ、大ぶりのチキン、ヨーグルトのデザート、チャイつきで
900円というコスパもさることながら
どの料理もとっても美味しい♪
私も同僚女子も、ここが目黒で最強のカレー店と太鼓判を押した。

ささやかながら結婚祝いに
青と赤の柚子ごしょうをプレゼントしたら、喜んでくれた。
見た目のお嬢様っぽさからは想像できないけれど
日本酒が大好きと聞いていたので
呑み助への贈り物なら自信があったのだ(笑) 。
遠距離恋愛だったというお相手は
来月まで新居に来られないので寂しそうだったけれど
年々ハッピーな話題が減りつつあるミドルエイジの私には
彼女の幸せなオーラのおすそ分けをもらって
ちょっとだけ気持ちが上向きになった。

早く一緒に晩酌できるといいね!

2017/06/18

デカダンスホテル

九州旅行では青春18きっぷを使おうと思っているので
東京からちょこちょこ寄り道しながら
2日かけて九州に上陸することにした。
例によってコスパ重視で小倉駅前のホテルを予約した。

小倉に訪れるのはなんと27年ぶり。
趣味のような仕事のような出張で行ったのだが
そのとき泊まったホテルがなんともいかがわしい場所にあり
一緒に行ったメンバーと食べたとんこつラーメンは
お世辞にも清潔とは言い難いお店で
でもなぜかみんな気に入って連日訪れたことを覚えている。
正式な店名は知らず 「ババアの店」なんて呼んでたので
今やもうどこにあるのかもわからない。
そうだ、当時の日記に書いてあるかも?と思って
押入れを探って日記を読み返してみたけれど
ラーメン屋さんの名前もホテルの名前も書かれていなかったのだが
ホテルは相当ブルーな感じだったらしく
「デカダンスホテル」と名付けていた。
そのホテルではすんごくいろんなことが巻き起こって…
いや〜、濃かったなあ。

あれ?もしや??と思ってGoogle Mapのストリートビューで
私が泊まる予定のホテルの周辺を見たら
小倉の駅はすごくきれいになっているのに
今どき駅前にこんな場所があるの?っていうくらい
めちゃくちゃピンクな歓楽街が広がっていた。
うわー、すごい!てか、ここに泊まるの私??
今までいろんな安宿に泊まってきたけれど
安いだけでは済まされない雰囲気が漂ってきた。

長時間移動してきて泊まるのがデカダンスホテルだとしたら
27年前の私がブルーになったのなら
27年後の私もブルーになるのは確実。
悩んだ末に、電車で30分先の町の
1000円高い小ぎれいなホテルに泊まることにした。

ごめんね、デカダンスホテル。
27年経ってちょっとだけゆったり旅行することも知ったので
1000円贅沢させていただくことにします。

楽天スーパーSALEとの戦い

17日から楽天スーパーSALEが始まることを聞きつけ
19時きっかりに目当てのホテルを予約しようと思ったら
なんだかカーソルがぐるぐる回り続け全然繋がらず
やっと予約完了の画面になったと思ったらエラー。
同じ日に予約が重複してるからかも?
と先に予約してあった分のキャンセルを試みると
こちらもエラーになってキャンセルさえもできない。
恐ろしく大量の人が一気にアクセスしているからだろう。
一昔前のチケットぴあを思い出した。

何度試してもダメなので
ふとひらめいて、別なプランならどうかと試したところ
見事ビンゴ!自分がしつこい性格でよかった。
結局予約できたのは2時間後。ふぅ〜。
戦いは終わった…。

前のプランは早割でお値段が安いかわりに
21日前からキャンセル料が全額かかるため
万が一のドタキャンが心配だったけど
通常プランはキャンセル料の心配がないし
宿泊料もだいぶおトクになったので、めでたしめでたし。

これで旅行の全日程のホテル予約が完了。
もうこれ以上ないくらいのコスパにこだわったチョイスに
我ながら感心する。
こういう満足感も旅の楽しみの一つだったりするのだ。


2017/06/17

今年も呼ばれた

仕事で関わった本に掲載された芸術家の絵画が
「永青文庫」という美術館に収蔵されていることが分かった。
場所を調べたら、わー、これって私が昔住んでた場所の近く!
ちょうど6月17日から新しい展示が始まるので観に行くことにした。

さらにこの近くには、去年・一昨年に訪れた
太宰治と一緒に亡くなった山崎富栄さんのお墓がある。
6月17日の2日後の19日は桜桃忌ではないか。
これはもう完全に呼ばれたとしか思えなかったので
今年も小さなブーケを手向けに訪れた。

熊本のお殿様、細川家の宝物を収蔵した永青文庫や
その横にある、松尾芭蕉が住んでいた芭蕉庵は
私が住んでいた当時はまだ一般公開されていなかったと思う。
丹下健三による斬新なデザインのカテドラル大聖堂、
日曜のお昼には綺麗な鐘の音が聞こえたけれど
今はもう鳴らしていないらしい。

せっかくなので当時住んでいたアパートにも行ってみた。
何年か前に来た時にはまだあった銭湯は更地になり
駐車場に変わっていた。
この坂道、この古い壁、一つ一つに思い出があり
自分が社会人になりたての頃を思い出させてくれる。

ありゃまあ

文京区をお散歩ついでに
大好きな和菓子屋さんに寄ってみたら
定休日でもないし、扉が半あきで
中から小豆を炊くいい匂いもしてるのに
シャッターが閉まってた…。
やはりまだ甘味を食べることは許されていないようだ。

rakuten